売買不動産のABC - 基礎から学ぶ不動産業界

query_builder 2024/05/08 下関市 不動産 新築 中古 物件
売買不動産の基礎知識から手法、注意点まで全方位から解説します。初めての不動産取引でも安心してプロジェクトに取り組める内容を提供できることを目指しています。

K2ホーム

ロゴ

家族構成やこだわりの条件などから、ニーズに合わせた物件を提供いたします。賃貸や物件購入だけでなく売却サポートも行っております。下関市にて、お客様のライフスタイルに寄り添った不動産の提案をいたします。

K2ホーム
住所:

〒750-0006

山口県下関市南部町20-15 FILEbld4F

電話番号:
083-242-1297

売買不動産の基本

このセクションでは、売買不動産の基本的な知識について紹介します。

不動産とは

不動産とは、土地、建物、およびそれらに付随する権利を指す言葉です。一般的には、土地や建物などの不動産資産を所有することを意味します。

まず、土地についてです。土地は不動産の基礎となるものであり、所有権や使用権などの権利を持つことができます。土地は永続的に存在し、移動することができません。土地には固定資産税などの税金や負担があります。

次に、建物についてです。建物は土地に建てられた構造物であり、住宅や商業施設、工場などさまざまな種類があります。建物は一時的な存在であり、修繕やリノベーションが必要な場合もあります。

不動産には、土地や建物以外にもさまざまな権利が存在します。例えば、所有権や賃借権、抵当権などです。これらの権利は、不動産の利用や取引を制御するための法的な枠組みとなります。

不動産は私たちの生活や経済活動において重要な役割を果たしています。住宅や商業施設は人々の生活を支える場所であり、不動産市場は経済の活性化や投資の機会を提供しています。

売買不動産は、不動産を売買する取引の一種です。不動産取引には法律や契約などのルールが存在し、専門知識や経験が必要です。売買不動産の取引は慎重に行われるべきであり、専門家の助言を受けることをおすすめします。

以上が不動産とはについての基本的な説明です。不動産は社会や経済の基盤となる重要な資産であり、適切な管理や取引が求められます。売買不動産においては、専門的な知識と理解が不可欠です。

売買不動産の種類

売買不動産には、さまざまな種類が存在します。ここでは、代表的な売買不動産の種類について紹介します。

まず、住宅の売買です。住宅とは、居住のために建てられた建物のことを指します。一戸建てやマンション、アパートなどがあり、個人が自己所有の住宅を売買することが一般的です。住宅の売買は、家族の成長や働き方の変化、引っ越しの需要などさまざまな要因によって影響を受けます。

次に、商業施設の売買です。商業施設には、店舗やオフィスビル、ホテル、ショッピングセンターなどが含まれます。商業施設の売買は、地域の商業需要や観光需要の変動、企業の成長戦略などによって影響を受けます。商業施設の売買は、規模や収益性などの要素が重視されることが多いです。

また、農地や林地の売買もあります。農地や林地は、農業や森林経営などの目的で利用されます。農地や林地の売買は、農業政策や環境保護の観点からも重要な課題となっています。農地や林地の売買は、地域の土地利用の変化や経済状況の影響を受けることがあります。

さらに、投資用不動産の売買も一般的です。投資用不動産は、収益を生み出す目的で購入される不動産のことを指します。例えば、賃貸アパートやオフィスビル、商業施設などが該当します。投資用不動産の売買は、市場の需要や収益性の見通しなどによって大きく影響を受けます。

以上が、代表的な売買不動産の種類の一部です。不動産取引で重要なのは、それぞれの不動産の特性や需要動向を理解することです。売買不動産の種類は多岐にわたりますが、それぞれの特徴や条件に応じた取引手法や注意点を把握することが重要です。

不動産の評価

不動産の価値をどのように評価するかを理解するための基本情報を提供します。

不動産の価値とは

不動産の価値とは、不動産が持つ経済的な評価や需要に基づいて決まるものです。不動産の価値は、さまざまな要素によって影響を受けます。

まず、立地条件が価値に大きく影響します。不動産の場所や交通アクセスの便利さ、周辺環境の質などが立地条件の要素となります。例えば、都心部や交通の便が良い場所は需要が高く、価値が高いとされます。一方、郊外や交通の便が悪い場所は需要が低く、価値が低くなる傾向があります。

次に、不動産の利用目的が価値に関わります。住宅用途や商業用途、農地や林地など、不動産の利用目的によって需要や評価が異なります。利用目的に応じた適切な設備や施設の有無や周辺環境の条件なども、価値に影響を与えます。

また、不動産の状態や品質も価値に関わります。建物の築年数や管理状態、耐震性や設備の充実度などが評価されます。良好な状態や高品質な不動産は需要が高く、価値も高くなります。

さらに、市場の需要と供給も価値に影響します。不動産市場は需要と供給の関係によって価格が形成されます。需要が多く供給が少ない場合は価格が上昇し、逆に需要が少なく供給が多い場合は価格が下降します。市場の需要と供給を把握することは、不動産の価値を理解する上で重要です。

以上が、不動産の価値を決定する要素の一部です。不動産の価値は多面的であり、さまざまな要素が絡み合っています。評価方法や市場動向を把握し、専門的な知識や情報を活用することが不動産取引において重要です。

不動産価格の決定要素

不動産価格の決定要素は、さまざまな要素によって影響を受けます。ここでは、不動産価格の決定要素の一部を紹介します。

まず、地価が不動産価格に大きく影響します。土地の立地条件や需要供給のバランスによって地価が形成されます。人口の集中や交通の便、周辺施設の充実などが地価に影響を与えます。地価が高い場所では、不動産価格も高くなります。

次に、建物の状態や品質が価格に関与します。建物の築年数や規模、設備の充実度、耐震性などが評価されます。新築やリノベーションされた建物は需要が高く、価格も高くなる傾向があります。建物の状態や品質は、不動産価格の決定要素の一つとなります。

また、需給のバランスも価格に反映されます。需要と供給の関係によって市場価格が形成されます。需要が高く供給が少ない場合は価格が上昇し、需要が少なく供給が多い場合は価格が下落します。市場の需給バランスを把握することは、不動産価格の予測や適切な取引を行う上で重要な要素です。

さらに、金融政策や経済状況も価格に関与します。金利の動向や景気の好転など、金融や経済の状況が不動産価格に影響を与えます。低金利や景気の回復に伴い需要が増えると価格が上昇する傾向があります。

不動産市場は、さまざまな要素が相互に影響し合いながら価格が形成されています。不動産価格の決定要素は多岐にわたりますが、立地条件、建物の状態、需給バランス、金融政策や経済状況などが重要な影響要素となります。不動産投資や売買においては、これらの要素を考慮し適切な判断を行うことが重要です。

不動産の購入手続き

不動産を購入する際の一連の流れとその手続きをご紹介します。

手続きの流れ

不動産の売買を行うには、一連の手続きが必要です。ここでは、売買不動産の手続きの流れを簡単に紹介します。

まず、物件の選定と情報収集が始まります。売り手が物件を探し、買い手が自分に適した物件を見つけるために、不動産の広告や情報サイトを活用します。物件の条件や価格、立地などについて詳しく調査し、相場や需要動向などの情報も収集します。

次に、内見や現地確認が行われます。物件を実際に見て、間取りや設備の状態を確認するために内見を行います。また、周辺環境や交通アクセスなどの確認も重要です。内見を通じて物件の魅力や問題点を把握し、購入の判断材料とします。

購入意思を固めたら、価格交渉や契約条件の調整を行います。売り手と買い手が価格や支払い条件などについて合意し、契約内容を確定させます。価格交渉や契約の条件調整は、両者が納得する形で進めることが重要です。

契約が成立したら、契約書を作成し署名します。契約書には物件の詳細や個別の契約条件が明記され、法的な拘束力を持ちます。契約書の作成や確認は、専門家のアドバイスを受けることがおすすめです。

契約書が完了したら、売買代金の支払いや物件の引き渡しが行われます。売り手に代金が支払われ、買い手は物件の所有権を得ます。物件の引き渡しには、引き渡し日や引き渡し時の立会い、物件の状態確認などが含まれます。

以上が、売買不動産の手続きの一般的な流れです。ただし、不動産取引には地域や物件の種類によって異なる要件や手続きが存在する場合があります。不動産の売買を行う際には、適切な手続きと必要な情報を確認することが重要です。

契約の注意点

不動産の売買契約を行う際には、いくつかの注意点があります。ここでは、売買契約の注意点の一部を紹介します。

まず、契約書の内容を細心の注意で確認することが重要です。契約書には取引の具体的な条件や条項が記載されており、両者の権利と義務を明確にするために重要です。不明な点や疑問点があれば、専門家に相談したり必要な説明を受けたりすることが大切です。

また、特に注意が必要なポイントがいくつかあります。一つ目は、物件の瑕疵(かしゃ)に関する事項です。売り手は売却物件についての正確な情報を提供する義務がありますが、万全な情報が提供されていない場合や隠された問題が後から発覚した場合には、適切な対応が求められます。

二つ目は、契約の解除に関する事項です。売り手や買い手が契約を解除する場合、解除の要件や手続き、解除に関する責任や損害賠償などについて明確に定めることが重要です。予期せぬ状況やトラブルが発生した際に、適切な解決策を見つけることができます。

さらに、支払い条件や納期に関する事項も注目が必要です。売買代金の支払い方法や期限、物件の引渡し日や引き渡し時の状態などが契約書に明記されているか確認しましょう。これらの条件が途中で変更される場合、両者の合意が必要となります。

売買契約は、大きな財産や責任を伴う重要な取引です。契約書の内容や注意事項を理解し、納得のいく取引条件を確保するために、専門家の助言を受けることをおすすめします。正確かつ公正な契約が成立することで、売り手と買い手の双方が安心して取引に臨むことができます。

不動産の売却手続き

不動産を売却する際の一連の流れとその手続きをご紹介します。

売却の流れ

不動産を売却する際には、一連の流れがあります。ここでは、売却の流れの概要を紹介します。

まず、売却の意思決定と準備がスタートします。売却を検討する際には、目的や理由を明確にし、自身の希望条件や目標価格を設定します。また、売却にあたっては物件の状態を確認し、必要な修繕やリノベーションを行うこともあります。物件の魅力を最大限に引き出すための準備が重要です。

次に、不動産の適切な価格を査定します。価格の査定は、専門の不動産業者や鑑定士に依頼することが一般的です。物件の立地や規模、建物の状態などの要素を考慮し、市場動向や類似物件の売却価格なども参考にして査定額を決定します。適切な価格設定は、スムーズな売却のために重要です。

その後、物件の広告や宣伝活動を行います。広告媒体やインターネットなどを活用し、物件の魅力をアピールします。写真や説明文、地図などを掲載し、潜在的な買い手に情報を提供します。また、不動産業者や関係者との連携を図り、売却活動を効果的に進めます。

売却に興味を持った買い手からの問い合わせや内見の予約が入ったら、対応を行います。物件の内見時には、買い手に物件を魅力的に見せるために整理や清掃を行い、取引のプロセスに必要な情報を提供します。買い手からの質問にも丁寧に対応し、物件の価値や魅力を説明します。

そして、買い手との交渉や契約締結に進みます。売り手と買い手が価格や条件、引渡し日などに合意し、契約書の作成や署名を行います。適切な契約条件を定めることは、円滑な売却を実現するために重要です。

最後に、売却手続きや物件の引き渡しを行います。売り手は売買代金の受領や必要な手続きの完了、物件の整理や立会いなどを準備し、買い手に物件を引き渡します。

以上が、売却の流れの一般的な概要です。売却には多くのプロセスや手続きが関わりますので、不動産業者や専門家の助言やサポートを受けながら進めることがスムーズな売却を実現するポイントです。

売却の注意点

不動産を売却する際には、いくつかの注意点があります。ここでは、売却の注意点の一部を紹介します。

まず、適切な価格設定が重要です。過大な価格設定は、売却を遅延させたり買い手を遠ざける可能性があります。一方で、価格を低く設定し過ぎると資産の評価額を下げることにつながります。価格の査定や市場動向を考慮し、適正な価格設定を行うことが必要です。

また、物件の魅力を最大限に引き出すために、適切な準備を行うことも重要です。内装や外装のリフォーム、不動産の清掃や整理、写真や説明文の作成など、物件を魅力的に見せるための努力が求められます。買い手にとって魅力的な印象を与えることで、売却の成功につながります。

契約条件の明確化も大切です。売却時には引渡し日や支払い方法、修繕費用や負担の有無などの条件を明確に定めることが重要です。特に、物件の瑕疵(かしゃ)に関する事項や免責条項なども、明記しておくことが必要です。契約書の内容を正確に把握し、トラブルを未然に防ぐことが重要です。

売却する不動産の情報は、正確かつ魅力的に伝える必要があります。広告媒体やインターネットを活用し、写真や説明文を使って買い手にアピールすることが重要です。しかし、虚偽や誇大広告は避け、正確な情報を提供することが重要です。

さらに、売却に伴う税金や手数料についても注意が必要です。売却に際しては固定資産税や不動産所得税などの税金が発生する場合があります。また、不動産業者への手数料や手続きに関連する費用も考慮する必要があります。

以上が、売却の注意点の一部です。売却は重要な決定であり、慎重な準備と正確な情報提供が求められます。不動産業者や専門家のアドバイスを受けながら進めることで、スムーズな売却を実現することができます。

不動産業者の選定

信頼できる不動産業者の見つけ方を示します。

不動産業者の役割

不動産業者は、売買不動産の仲介やアドバイスを提供する専門家です。ここでは、不動産業者の役割とその重要性について紹介します。

まず、不動産業者は売り手と買い手をつなぐ仲介役としての役割を果たします。売り手の代理人として物件の情報を収集し、買い手のニーズに合った物件を提案します。適切なマッチングを行い、売り手と買い手の双方が満足できる取引を実現する役割があります。

また、不動産業者は市場動向や価格の査定などの情報提供も行います。不動産市場は常に変動しており、価格や需要の動向を把握することが重要です。不動産業者はこれらの情報を持ち合わせており、売り手や買い手に対して適切なアドバイスや情報を提供します。

さらに、不動産業者は売買契約の手続きや書類作成のサポートも行います。契約書の作成や物件の調査、金融機関との手続きなど、専門的な知識と経験を活かしてスムーズな取引の実現を支援します。不動産業者は法的な規制や手続きに精通しており、正確かつ効率的な手続きを行います。

不動産業者は、売買不動産に関する豊富な知識や経験を持っています。彼らは市場のトレンドや物件の評価方法、契約の法的な側面などに詳しいため、売り手や買い手に対して信頼性のある情報やアドバイスを提供することができます。不動産取引は複雑で重要な過程であり、専門家の助言を受けることは賢明です。

以上が、不動産業者の役割の一部です。不動産業者は、売買不動産の仲介や情報提供、手続きのサポートなど、様々な面で重要な役割を果たしています。適切な不動産業者の選択は、円滑な取引と満足のいく結果を得るために必要です。

不動産業者の選択

不動産業者を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。ここでは、不動産業者の選択に関するポイントを紹介します。

まず、信頼性と実績を重視しましょう。不動産業者の信頼性や評判は、その業者の実績や取引の品質を反映しています。口コミや評価、過去の取引実績などを確認し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。また、業者が所属する団体や協会の会員であるかどうかも、信頼性の指標となります。

次に、専門的な知識や経験を持つ業者を選ぶことが重要です。不動産業界は法律やルールが多く、複雑な専門知識を要する分野です。複数の業者と面談し、彼らの知識や経験について質問や相談を行うことで、適切な選択ができます。

また、コミュニケーションが円滑に行える業者を選ぶことも重要です。不動産取引は時間や情報の敏速なやり取りが求められます。業者とのコミュニケーションがスムーズに行えるか、要望や質問に対応してくれるかなどを確認しましょう。

さらに、業者の対応やサービスに注目しましょう。取引における丁寧な対応や的確なアドバイスは、売り手や買い手に安心感を与えます。また、契約書作成や手続きのサポートなど、業者の提供するサービス内容も比較検討しましょう。

最後に、業者との信頼関係を築くことも重要です。長期的かつ継続的な関係を築くことで、将来的な取引やサポートも期待できます。そのため、業者とのコミュニケーションや相性を考慮することも大切です。

以上が、不動産業者を選ぶ際に注意すべきポイントです。慎重な選択と比較検討を行い、自身のニーズや要望に最も適した不動産業者を選ぶことが重要です。信頼できる業者とのパートナーシップは、円滑な取引と成功した不動産取引につながるでしょう。

財務計画

不動産取引における財務計画の重要性と具体的な方法を解説します。

購入資金の計画

不動産を購入する際には、適切な購入資金の計画が必要です。ここでは、購入資金の計画に関するポイントを紹介します。

まず、予算を確定させましょう。自身の経済状況や収入、家計の収支を考慮し、どれくらいの資金を購入に充てることができるのかを把握します。自己資金の他に、住宅ローンや融資などの借入を検討する場合もあります。

次に、購入のための費用を計画しましょう。物件価格以外にも、不動産取引にはいくつかの費用がかかります。登記費用や印紙税、仲介手数料、銀行融資の手数料などを考慮し、総合的な購入費用を見積もります。これらの費用は、購入資金の計画に必要な要素となります。

また、ローンの返済計画を立てましょう。住宅ローンを利用する場合、借入期間や金利、返済方法などを考慮して返済計画を作成します。月々の返済額や返済期間、金利変動リスクについてもよく検討し、自身の経済状況に合わせた返済計画を策定します。

また、将来の支出や予期しない出費にも備えることが重要です。不動産の購入後には、固定資産税や管理費、修繕費用などの負担が発生する可能性があります。これらの費用を見越して、予備費や運用資金を確保することが購入資金の計画において重要です。

最後に、専門家のアドバイスを活用しましょう。不動産取引や購入資金の計画は複雑な面もあります。不動産業者や金融機関の担当者、税理士など専門家の助言やアドバイスを受けることで、購入資金の計画をより確実なものにすることができます。

以上が、購入資金の計画に関するポイントです。不動産の購入は長期の負担となることが多いため、慎重な計画と実行が求められます。自身の経済状況や将来の見通しに基づいた計画を立て、財務的に安定した取引を実現することが大切です。

ローンと返済計画

不動産の購入には、住宅ローンの活用が一般的です。ここでは、住宅ローンと返済計画に関するポイントを紹介します。

まず、低金利の確認と比較が重要です。金利は返済額に直接影響を与えるため、低金利の条件を確認しましょう。複数の金融機関の住宅ローン商品を比較し、金利や返済条件の違いを把握しましょう。また、金利の動向や将来のリスクにも注意を払いましょう。

次に、返済方法の選択です。返済方法には定額返済や元利均等返済などがあります。定額返済では、毎月一定額を返済しますが、利息負担が残高に応じて変動します。元利均等返済では、元本と利息を平等な割合で返済し、返済額が毎月変動します。自身の経済状況に合った返済方法を選ぶことが重要です。

また、返済期間も慎重に選びましょう。返済期間の長さによって月々の返済額や総返済額が変動します。長期間で返済すると利息負担が増えますが、月々の負担が軽減されます。短期間で返済すると利息負担は減りますが、月々の返済額が増える場合もあります。自身の収入や将来の見通しを考慮して適切な返済期間を決めましょう。

購入後のリスクや予期しない出費にも備える必要があります。返済計画には、修繕費用や共益費、固定資産税などの負担も考慮しましょう。将来的な支出に対する予備費用や緊急時の備えも計画に含めることが重要です。

住宅ローンの返済計画は、不動産購入において重要な要素です。金利や返済方法、返済期間などを慎重に考慮し、自身の経済状況と将来の見通しに合わせて計画を立てましょう。専門家のアドバイスや金融機関の担当者との相談も有効です。返済計画をしっかりと立てることで、財務的に安定した不動産取引を行うことができます。

購入後の管理とは

不動産の購入後の管理法について紹介します。

管理費と修繕積立金

不動産を所有する際には、管理費や修繕積立金の負担が発生します。ここでは、管理費と修繕積立金について簡単に紹介します。

まず、管理費は共有部分の維持や管理にかかる費用を指します。共有部分とは、マンションや共同住宅の場合にはエントランスや廊下、エレベーターなどの共同の設備を指し、一戸建ての場合には共有施設や道路などを指します。管理費は、清掃や保険、修繕などの費用に充てられ、管理組合や管理会社が集め、適切な管理を行います。

次に、修繕積立金は将来の修繕工事に備えるために積み立てられる資金です。定期的な修繕や改修工事は、不動産の定期的なメンテナンスや老朽化対策のために必要です。修繕積立金は、共同住宅やマンションの場合には住戸所有者によって共に積み立てられ、一戸建ての場合には所有者自身が負担します。積立金は修繕工事の費用に充てられ、建物や設備の状態を維持し、将来的な修繕に備えます。

管理費と修繕積立金は、不動産の所有者にとって重要な負担となります。適切な管理費の運用と修繕積立金の積み立ては、共同生活や資産価値の維持に直結します。管理組合や管理会社とのコミュニケーションや透明性の確保、定期的な施設管理や修繕計画の立案など、適切な管理と運用が求められます。

以上が、管理費と修繕積立金についての簡単な説明です。不動産の所有に伴う負担として、これらの費用を把握し、適切な管理と計画を行うことが資産価値の維持と快適な生活のために重要です。

固定資産税

固定資産税は、不動産の所有者が毎年支払う税金です。不動産の所有者は、土地や建物の所在地の地方自治体に対して、その不動産の評価額に基づいて固定資産税を納める義務があります。

固定資産税の額は、不動産の評価額や地方自治体の税率によって決まります。評価額は、土地の面積や立地条件、建物の築年数や構造などに基づいて算出されます。税率は地方自治体によって異なるため、地域ごとに固定資産税の額が異なることがあります。

固定資産税は年度ごとに納付され、通常は1年に2回の分割納付が行われます。地方自治体から送付される納付通知書に基づいて、指定された期限までに納付を行う必要があります。納期に遅れると延滞金が発生するので、注意が必要です。

固定資産税は、不動産の所有者にとって重要な負担となります。税金の額や納付方法については地方自治体の規定に従い、正確に計算し納付する必要があります。また、評価額や税率の見直しや特例制度の利用など、税金の最適化を考えることも大切です。

以上が、固定資産税についての簡単な説明です。不動産の所有者は、固定資産税の納付義務や計画立案を理解し、適切な納付を行うことが重要です。税金の計算や納付に関しては、専門家や地方自治体の担当窓口との相談を活用すると良いでしょう。

まとめ

この記事で得た情報を総括し、不動産取引に自信を持つためのコツを紹介します。

不動産取引のポイント

不動産取引におけるポイントを以下にまとめます。

1. 情報収集: 不動産市場や物件の情報を広範に収集し、自身のニーズや目標に合った物件を選びましょう。

2. 専門家のアドバイス: 不動産業者や法律専門家、税理士などの専門家のアドバイスを受けることで、的確な情報とサポートを得ることができます。

3. 資金計画: 購入資金やローンの返済計画を立て、将来のリスクや出費に備えましょう。

4. 契約書の確認: 売買契約書や関連書類を十分に確認し、納得のいく内容であることを確認しましょう。

5. 徹底した物件調査: 物件の内見や現地確認、建物の状態や設備の点検などを徹底し、問題点やリスクを事前に把握しましょう。

6. 適切な交渉: 売り手との価格交渉や条件の調整を適切に行い、双方が合意できる形で取引を進めましょう。

7. 迅速な手続き: 手続きや書類作成などの手続きを迅速に行い、期限や納付日などを守りましょう。

8. トラブル回避: 法的な規制や契約の内容を理解し、トラブル発生の予防に努めましょう。

以上が、不動産取引におけるポイントの一部です。慎重に準備し、専門家のアドバイスを受けながら進めることで、スムーズで成功した取引を実現することができます。

今後の不動産市場の見通し

不動産市場の見通しは予測困難な要素もありますが、いくつかのトレンドが存在します。一つは都市部や交通の便が良い地域への需要の高まりです。人口の集中や働き方の変化により、都心部や交通のアクセスが良い地域への需要が増加すると予測されています。

また、持ち家志向の高まりも注目されています。低金利環境や長期的な住宅ローンの利用が契機となり、多くの人が不動産の購入や投資に関心を持っています。

一方で、地域や物件の特性によっては需要が低下する地域も存在します。過疎地や過剰供給のある地域では、需要と供給のバランスが崩れる可能性があります。

また、経済や金融情勢の変動により不動産市場も影響を受けることがあります。景気の低迷や金利の上昇などが不動産市場に与える影響は注意が必要です。

不動産市場は常に変動するものです。市場のサイクルや一時的な需要変動に左右されず、中長期的な視点で購入や投資を考えることが重要です。専門家のアドバイスやマーケットの情報にも注目しながら、将来の不動産市場の動向を見極めることが求められます。

K2ホーム

ロゴ

家族構成やこだわりの条件などから、ニーズに合わせた物件を提供いたします。賃貸や物件購入だけでなく売却サポートも行っております。下関市にて、お客様のライフスタイルに寄り添った不動産の提案をいたします。

K2ホーム

〒750-0006

山口県下関市南部町20-15 FILEbld4F

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG